NPO法人ポータルサイト

三段峡‐太田川流域研究会

行政入力情報 更新年月日:2019年04月24日

所轄庁 広島県
主たる事務所の所在地 広島県山県郡安芸太田町大字柴木1734番地
従たる事務所の所在地
代表者氏名 本宮 炎
設立認証年月日 2016年10月24日
定款に記載された目的 この法人は、三段峡を中心とする太田川流域に暮らす人々が、里山の資源を活用し豊かなライフスタイルの構築に寄与する事を目的とする。
活動分野 社会教育/まちづくり/観光/農山漁村・中山間地域/学術・文化・芸術・スポーツ/環境の保全/子どもの健全育成/経済活動の活性化
法人番号 2240005014275
認定 特例認定: 2019年02月07日 ~ 2022年02月06日
監督情報
行政入力情報ダウンロード 行政入力情報ダウンロード(ZIP形式:1KB)

ページトップへ

閲覧書類等
閲覧書類
定款等
閲覧書類備考 ※広島県が所管する法人の閲覧書類(定款,事業報告書等)については,広島県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/43/1222919823159.html
閲覧書類ダウンロード 閲覧書類ダウンロード(ZIP形式:200KB)
所轄庁情報

内閣府のNPO法人に関するデータベースは、所轄庁に提出された書類をもとに、所轄庁の担当者が登録を行っております。実際の設立や変更から反映までに時間がかかる場合があります。御了承ください。

法人検索結果で得られる個別の法人情報及び閲覧書類、または所轄庁ごとの最新情報に関する問い合わせは、各法人の所轄庁へお問い合わせください。

所轄庁問い合わせ先
※NPO法人の連絡先ではありません。
広島県 環境県民局 県民活動課
広島県広島市中区基町10番52号
082-513-2721
備考 ※広島県が所管していた法人のうち,解散した法人については,届出から約3か月間広島県のホームページに掲載しています。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/npo/1170287637444.html
※広島県が認証を取り消した法人については,広島県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/npo/1205742734961.html

ページトップへ

法人入力情報 更新年月日:2019年03月13日

免責事項

こちらはNPO法人が登録した法人情報を掲載しています。内容については、国が保証するものではありません。御了承のうえ、御参照ください。

組織情報
電話番号 09034213046
FAX番号
メールアドレス honhiro3dk@gmail.com
ホームページURL https://sanken-hiroshima.org/
常勤職員数 1 人
事業内容 三段峡は、100年以上も前から癒しの場として特別名勝等の指定を受けるほどの観光名所でした。また、太田川も昔から流通に不可欠な路として活用され、物が上流から下流へ移動していた。しかし、現在観光地や流通の路だった山里は過疎が進み、川は危ないものとされ地域住民には近くにあるものの足を踏み入れにくい場所になっていました。
 三段峡開峡100年を目前に、平成27年6月に三段峡観光の再生を目的として「三段峡Re-Bornプロジェクト委員会」が設立され、翌年2月に「三段峡憲章策定ワーキンググループ」が設置、平成29年4月「三段峡憲章」が制定された。三段峡憲章を推進し三段峡や安芸太田町の歴史と自然史を研究し、観光と教育の振興に貢献し、持続する地域つくりに資する活動を目的に、三段峡-太田川流域研究会は、平成28年7月に設立、同年11月に法人登記されました。

(三段峡-太田川流域研究会の取り組み)
 当団体は、「100年間積み上げていく活動」を行い、「三段峡を知り、伝える」組織となり、資金や人的資源の獲得を目指し,「調べる」「伝える」「つなぐ」の3つを柱に事業を行っています。
「調べる」は三段峡の自然や歴史を調査・研究します。現在「三段峡史」を作成すべく資料と口述歴史の収集を行います。自然分野は専門家を招聘して鳥類・木本類・両生類などの調査をし、深入山では希少蝶類の研究と保全活動を行っています。
 「伝える」は安芸太田町内の小学校3校、安芸太田中学校に対して授業を実施しし、市内の大学や子ども会などと協力して太田川流域に住む子ども達への教育活動も行っています。また町内のガイド組織等に対して研修事業を実施し、伝える側の育成にも取り組んでいます。ガイドツアーの企画や実施も合わせて行い、三段峡の魅力を伝えています。
 「つなぐ」活動は、町民同士はもとより、町外と町内の団体を結びつけるなど地域活性化に取り組んでいます。町内で活躍する人から話を聴き、仲間つくりを促す「あきおおたの楽しい100人」、町の長期総合計画を学びよりより町づくりを促す「あきおおた長期総合計画をよむ会」、話し合いの進行役を育てる「ファシリテーション勉強会」などを運営し、地域の会合をサポートしています。

(三段峡-太田川流域研究会の目指す未来)
「三段峡を野外博物館に」をテーマに、従来の観光から「体験と学び」の観光への変換を行います。安芸太田町内の子どもに対しては特に力を入れて「体験と学び」を提供し、安芸太田町を大好きな子どもを育てます。次の世代が今よりももっと町の未来に希望をもち、活躍する町をつくりたいと思います。町の豊かな暮らしが観光資源となり、来訪者が景観の美しさと合わせて安芸太田の自然・歴史・文化を楽しみにくる観光地になる未来を目指します。
 
財務情報
対象年度 2017年   (2017年4月~2018年3月)
活動計算書
科目 特定非営利活動に係る事業 その他の事業 合計
Ⅰ経常収益計 6,468,796 円 6,468,796 円
1.受取会費 332,000 円 332,000 円
2.受取寄附金 4,080,437 円 4,080,437 円
3.受取助成金等
4.事業収益 1,774,870 円 1,774,870 円
5.その他収益 281,489 円 281,489 円
Ⅱ経常費用計
1.事業費 3,191,567 円 3,191,567 円
(1) 人件費 1,858,000 円 1,858,000 円
(2) その他経費 1,333,567 円 1,333,567 円
2.管理費 1,652,990 円 1,652,990 円
(1) 人件費 890,000 円 890,000 円
(2) その他経費 1,563,990 円 1,563,990 円
Ⅲ当期経常増減額 4,844,557 円
Ⅳ経常外収益計 0 円
Ⅴ経常外費用計 0 円
Ⅵ経理区分振替額 0 円
Ⅶ当期正味財産増減額 1,624,239 円
Ⅷ前期繰越正味財産額 243,942 円
Ⅸ次期繰越正味財産額 1,868,181 円

ページトップへ

貸借対照表
Ⅰ資産の部
1.流動資産 6,120,614 円
2.固定資産
   
Ⅱ負債の部
1.流動負債 4,252,433 円
2.固定負債
負債合計 4,252,433 円
Ⅲ正味財産の部
前期繰越正味財産 243,942 円
当期繰越正味財産 1,624,239 円
正味財産合計 1,868,181 円
資産合計 6,120,614 円 負債及び正味財産合計 6,120,614 円
準拠している会計基準等
準拠している会計基準 NPO法人会計基準
監査の実施 監事監査
法人入力情報ダウンロード 法人入力情報ダウンロード(ZIP形式:2KB)

ページトップへ

公告(貸借対照表の公告含む)

特定非営利活動促進法の一部を改正する法律(平成28年法律第70号)によって、特定非営利活動法人は、前事業年度の貸借対照表の作成後遅滞なく、定款で定める方法による貸借対照表の公告が義務付けられました(特定非営利活動促進法第28条の2第1項)。

更新日 公告内容 準拠している会計基準 監査の実施
更新日:2019年03月12日 2017年度貸借対照表 [法第28条の2](PDF形式:252 KB)  準拠している会計基準: NPO法人会計基準  監査の実施: 監事監査

公告の中断

関連する公告の中断情報は、現在存在しません。

ページトップへ

閲覧書類ダウンロード 閲覧書類ダウンロード(ZIP形式:200KB)