平成26年 特定非営利活動法人に関する実態調査(NPO法人実態調査26年度版)

平成27年3月13日

政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(市民活動促進担当)

 調査の目的

改正特定非営利活動促進法(平成24年4月1日施行)において、「施行後3年を目途として、新制度の実施状況、特定非営利活動法人を取り巻く社会経済情勢等を勘案した検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずる」との規定が設けられた。

このことを受けて、将来の検討に資することを念頭に、法施行後の時点における特定非営利活動法人を取り巻く情勢や、新制度の実施状況等についての実態把握を行うこととあわせて、地域の活性化および共助社会をつくっていくため、特定非営利活動法人による共助活動の推進に必要な政策課題の分析および支援策の検討を行うことを目的として今回の実態調査を実施した。

 

ページトップへ

 調査の結果

報告書(全文)(PDF形式:2,760KB)
※報告書(全文)には、「平成26年度 市民の社会貢献に関する実態調査」と一緒に掲載しています。
ポイント(PDF形式:348KB)_

 

  1. 報告書(PDF形式:196KB)
  2. 参考資料
  3. 集計結果

ページトップへ